« 2010年7月 | トップページ

2010年8月

2010年8月26日 (木)

ソウルアートフェア

本日、アートフェアの搬入のため、ソウルへ行ってきます!
http://www.seoulnavi.com/special/5030209

|

おんなには埋められない穴がある

始まりました18禁展。

Kin22
今回気に入っているのが、
この「おんなには埋められない穴がある」です。

すべてミニ額で仕上げたので、トイレや押し入れ、
ちょっとした引き出しなんかにも密かに飾れることでしょう。

↓ソウルのアートフェア情報を得ました。こんな。
http://www.seoulnavi.com/special/5030209

以下18禁の詳細です。
---------------------
10w galleryの真夏の恒例イベント『18禁』が21日(土)から開催されます。
世の中に多々ある18禁(R18)の世界。18歳未満が、見てはいけない、行ってはいけない、接してはいけないものとは何なのか?
26人のクリエーター・アーティストが創造、夢想、妄想する“18禁”をテーマにしたあらゆる表現の作品をご覧ください。
会期中は、18禁ビニールプール・バーもオープンしますので、ご自由にご利用ください。

■18禁■
8月21日(土)〜28日(土)14:00〜19:00
会場:10w gallery (地下鉄堺筋線北浜駅下車徒歩5分)
詳細は下記↓
http://winfo.exblog.jp/

●『18禁』は、PEACE SUMMER2009 参加イベントです。
全国約380名のクリエータが大阪の16のギャラリーに集合する真夏の大型クリエーターイベントです。
詳細はpeace summer公式サイト↓
http://www.peace-summer.com/

10w galleryマップ
http://www.10w.jp/map.html

|

2010年8月 8日 (日)

フジヤマ&ハトカレー

C_fuji_2
C_hato

I ♡ Curry展のイベント「カレー皿絵付けワークショップ」で絵を描いた皿が焼き上がってきました。

思っていたよりへぼへぼ!
でも自分で描いただけに愛しいものです。

白い皿にいきなり筆をいれるなんて全く考えていなかったのですが、
絵付けの一回目で、友人が絵付けしているのを見ていたら、
なんだかとても楽しそうで、うらやましくなって、その場で次回の申し込みをしました。


当日は所用で遅刻してしまい、
ハト皿の絵付けが終わったときには、残り20分。
フジヤマに手を付けるかどうか悩んだのですが、思い切りました。
人間、やればできるものです。
(↓Barまはからでの作家DAYに、コースターで練習済み。)

Kos_2

今年は梅雨から暑くて、昨年に比べると夏が長いですね。
ちょっと前は湿度が高かったので、我慢ならないくらいでしたが、
このごろは乾燥していて風もあるので日本の夏じゃないみたい。

大陸の夏ってこんな感じなんでしょうね。行ったことないけど。

過ごしやすくはあるのですが、夏はいつも食が細ってしまうのが悩みの種。
この皿でカレーを食らってがんばります。

|

2010年8月 1日 (日)

もっと、ちょーだい。

Yellowc

I ♡ Curry展も終了。
スタンプラリーで全店舗制覇。カレー三昧の1ヶ月でした。
この展示に参加しなかったら、訪れることもなかった街の、お邪魔することもなかったお店、
そして出会わなかったかもしれない人たち。
たくさんの機会をいただきました。
今回、声をかけてもらえて本当にありがたかったです。

しかも、この展示のイベント「第1回ミスター・カレーくんは誰だ!」コンテストで、入賞しました!
展示参加者全員が描いた“カレー君”のなかから、これぞ“カレー君”を投票で選ぶコンテスト。
こちらがわたくしが描いた「チキンKAREI男」。

Currykun_2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
華麗☆プロレス所属。腰抜けキャラ。大事なところでコンニャク状態に陥ると「ヘイ、カモン、チキン!」と客席から声がかかる。得意技は、チキンウイングフェースロック。好きな漫画は、楳図かずお『14歳』。好きなカレーは、もちろんチキンカレー。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
接戦だったそうです。自分で自分に入れた一票が効きました(アハ)。
賞品としてボトルワインをいただきました。ありがとうございます!

Wine


ブログのタイトル「もっと、ちょーだい。」は
絵のタイトル「Yellow Curryの威力」のサブタイみたいなものです。
もうこれ以上、甘やかさないで〜。


気に入ったので、ソウルアートフェアに出品するのもこのシリーズにしました。
タイトルは「Power of Yellow “C”」「Yellow rain」。
へんな俗語がないのを願います。

|

« 2010年7月 | トップページ