« 死して屍拾う者無し | トップページ | あれっ?わたしこんなに美人だったっけ??? »

2009年10月10日 (土)

名を尋ねると「モニカ」と答えた

描くときは頭の中で、その女を前から後ろから、上から下から、ひっくり返したり、のけぞらせたりしながら構想を練る。裸体の女をじっくり見ながら描くことなど、もう十年以上もしていなかったが。

昨年より、美人画の先生のクロッキー教室へポツポツと通っている。女性ヌードはもちろんのこと、男性ヌード、外国人女性の民族衣裳などいろいろな回がある。想像とはいえ、いつも女体を描いているわけだからまあまあ描けるだろうと思いきや、悲しいほどに形が取れない。がっくり。

クロッキーの面白さがわからないまま2、3回なんとなく通っているうち、ある日それはきた。その日はダンスをやっているという若い男性がモデルで、流れるような筋肉がそれはそれは美しかった。上手く描けなくて恥ずかしいとか、似せなくちゃとかそういう余計な念が入り込む隙がないほど、モデルの一瞬を逃さず描き摂ることに夢中になる。

そして本日、小柄だけど肉づきのよいキュートなドイツ人女性がやってきた。
ポーズが決まっていてカッコいい。
聞くと、アートスクールで写真を勉強していたとき、絵を描いている友達のモデルになっていたという。名を尋ねると「モニカ」と答えた。

F
初日のクロッキー:へぼへぼです
Mo
モニカ

|

« 死して屍拾う者無し | トップページ | あれっ?わたしこんなに美人だったっけ??? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事