« 名を尋ねると「モニカ」と答えた | トップページ | ロックもメタルも聴き分けられない »

2009年10月18日 (日)

あれっ?わたしこんなに美人だったっけ???

カコン!と、受け取り口に落ちてきた写真を、思わず食い入るように見てしまう。

友人の「プリクラとりたい〜」に誘われて十数年ぶりに収まったときのこと。パッチリとした目、顔はツルンと血色よく、表情には勢いがあり人物はキラキラと輝いて見える。
やけに変だな。
それが何だか判らずしばらく見入っていたら、友人に「美人機能」だと教えてもらう。

自分が他人の顔写真を扱うとき、言われなくてもちょっと歯を白くしたり、吹き出物、くすみ、シワなど適度におさえてやるのだが、そんな手作業を機械が一瞬にして情報処理してくれるなんて!
絶句した。

これじゃ映像ももうすぐだな。てか、すでにそうなっているでしょう?

ときおり、たくさんの履歴書を見ることがあるのだが、そこに貼ってある証明写真は、人物を見極めるのにまったく参考にならない。たいてい、写真のイメージと本人とはかけ離れていることがほとんどなのだ。

会えば、その人のたどってきた人生を、その人が獲得してきた人生の方針を皮膚感覚で見ることができる。写真には写らないそれらは、容易に人の潜在意識に伝わる。重ねればより。

Tnrt_k
本日、椎名町の金剛院というお寺さんの本堂で上演された、近松門左衛門の『曾根崎心中』を見てきた。東京ノーヴイ・レパートリーシアターの演目のひとつで、何回か見ているものだ。
http://www.tokyo-novyi.com/

わたくしが演劇を観始めたのは大学生のころから。
テレビドラマに近いようなどたばただったり、お笑いだったり、不条理ものだったり。しばらくすると、ひとしきり笑った後に沸き立ってくる空虚にのみ込まれて、具合が悪くなることが多くなったので観るのをやめた。

今日、役の人生がみえてくるというはじめての体験をした。
遊女お初はダブルキャスト。可憐な声、その姿から決意の強さをにじませるその一方は、天真爛漫でまだ幼さをすこし残していながら強い意志で進んでいく。

テレビを観なくなって2年半。
テレビというものを分かっているつもりで見ていても、かなりの影響があったと思う。事実、いまでは心も身体も軽やかだ。

何を見て、何を見ないか。
何をして、何をしないか。
強い意志で見極めなくてはならない時代になったものだ。

↓マネキンに描いた極楽浄土
Gokuraku

|

« 名を尋ねると「モニカ」と答えた | トップページ | ロックもメタルも聴き分けられない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事