« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

いつかはこない

P1010006

いつか、真っぷたつに割れたお気に入りの急須を金継しよう。
いつか、やせたらこの服を着よう。
いつか、この菓子箱を再利用しよう。
いつか、いつか、いつか……。

しかしたいてい、いつかはこない。

かなしいことに。

だが、珍しくきた!

いつか、自分で作れるんじゃないかと思って、結局十年以上経っていたタオルかけ。
作るにあたって3つのルール。

1、素材がシンプル 土に埋めると分解されるもの
2、作りがシンプル シロウトでもきれいに作れる
3、しょぼくない  視界に入るたび、みみっちい気分にならない


同じく「いつか役にたつんじゃないか」と、数年前に購入したきり、役に立ったことがない『結び方百科』(山と渓谷社)というロープワークのビジュアル本をながめていたとき、それはひらめいた!
今まで、どうして気がつかなかったのか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
取っ手:ダブル・オーバーハンド・スライディング・ループ
輪:ラウンド・ターン・アンド・ツー・ハーフ・ヒッチズ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヒモは何かについてきたものを再利用したので、
かかった費用は木の輪のみ、500円ほど。

↓ちなみに以下、ササダンゴ結び
P1010

|

ゴキブリ退治にタランチュラ

ナイスアイディア、と思ったんだけど。

スプレーだとおのれも吸い込みそうだし、叩くと中身が出ちゃいそうだし、ガムテを貼り合わせてパックするのは、小さいヤツでないと粘着力よりも勢いの方があまって、肩まで登ってきそうだし、掃除機で吸い込んだとしたら、やつらのあの薄さだ、どこかのスキマから逃げ出しちまうに違いない。

などと思案しているうちに、ふとひらめいたのがタランチュラ。
でかくて元気なコキブリがお出ましするので、小さなクモでは対峙できない。
その点タランチュラなら。

いくつも並んだつぶらな瞳で、物陰からじっとこちらを見ていたり。
もさもさの足先をそっとキーボードに乗せてみたり。
窓辺で飽きもせず外を見やっていたり。
そんな愛い姿だけでなく、ゴキブリも退治してくれるなんて。

実に一石二鳥。

ちょっと本気になって調べてみたところ、近頃のゴキブリは殺虫剤に汚染されているので、それを捕食しつづけるとタランチュラが死んでしまうという記事を発見。

生物濃縮という落とし穴!

ってその前に、事務イスで轢いてしまうわ!


↓ハエトリグモ。
Hae_2

|

2009年9月24日 (木)

スイカおさめ

P1010007
今年のスイカもこれで最後。
出回るようになってから毎日、毎日スイカを食った。

この夏、エアコンをつけたのは二、三回、それも数時間程度。
日光を遮るビルもなく、天井裏もないため、屋根を照らした熱が直接部屋に伝わってかなりの室温になる。
そんな真昼にスイカを食らう。
一瞬にして張りつめていた体温が下がる。夢中で次々と食らう。
砂漠で遭難しかけ、ようやくオアシスにたどりついたそんな慌てようだ。

たとえ同じスイカを用意したとしても、肌もすべすべの快適空間の中にいたら、
あたふたするほど身体が喜んだりしないだろう。

子どものころ好きな季節は秋で、それは生まれた季節だからだとずっと思っていた。
が、スイカのおかげで初めて気がついた。夏がカンカンに暑かったからこそ、乾いた風が肌に心地よい秋が際立っていたのだと。

昨年はエアコンが効いた仕事場だったので、震え上がるほどの暑さも知らず、ひょっとすると秋より涼しい快適さで、
秋の到来はいつの間にか、喜びもなく味気ない思いをした。

いま、ますます便利になっていく様々のことも同じなのだろう。
知らぬ間に当たり前になって、喜びも薄れていく。
生命の危機が身近にあったころは、生きていることがもっときらめいていただろう。

P1010016_4

|

2009年9月16日 (水)

ピースサマー18禁+展 行ってきました

行ってきました、大阪! 18禁!! なんてイイひびき。
売れないだろうと思って、値段をつけていなかったのですが、
なんと「はだか電球」(裸女が光っている!)を買ってくださった方がいらさりました。
F様、ありがとうございます〜。どうぞかわいがってくださいね。

下、嫁にいった「はだか電球」

次は12月、昨年も参加した東京駅にある「ギャラリー八重洲・東京」での、「世界一小っちゃい?!ミニ絵画展」に今年も挑みます。
ハガキ以下のサイズの絵を展示即売するという、
売れたら売れたでなくなってしまい、
売れないとそれはそれで寂しい、ハラハラする展示です。

昨年、3人の見ず知らずのお方がお買い上げくださったようで、ありがたい限り。

18_1_8

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »